カラーロジックと2種類のロジックパズル:Picture Enigmas

【2014年11月23日】

Picture Enigmas

カラーロジックと2種類のロジックパズル。

色要素のあるロジックパズルでイラストを完成させるルール。数字の周りを埋めるルール。数字と数字を結ぶルールで楽しめます。

PICMA PLUSは通常ロジックに色要素がついたタイプ。
枠外の数字の数だけマスを埋めると完成。
同色は隣同士に書くことはできないが異色ならOK。
※10×10のステージの7など絶対塗る場所から塗る。

PICMA SQUAREDは数字の周りを埋めるタイプ。
数字の周りの合計9マスを対象にすべての数を合わせる。
数字が書いたマスを必ず塗る必要はなし。
ただし数字の上に異なる色は塗れない。
※9や角など空きマスの都合で絶対塗る場所から埋める。

PICMA LINKSは数字と数字を結ぶタイプ。
同じ数字が書かれたマス同士をその数で結ぶ。
※小さい数から繋げていく。

操作方法
塗る&消す:左クリック
指定キャンセル:ダブルクリック
バツを付ける:右クリック
色を変える:数字キー or Z
色の選択:スペース
原版の移動&拡大縮小:WASD QE


遊んでみた感想・攻略

3種類のロジックパズルが楽しめる完成度の高いパズル。 普通のロジックパズルしかあまり経験がなかったからカラーロジックの隣同士OKにちょっと戸惑い。 間違えるときはだいたい隣同士で間違ってたので同じような人は注意してやると良いかも。 PICMA SQUAREDはなれないと難しめのじっくりタイプ、PICMA LINKSはさくさくクリアできるのが気持ち良いからおすすめです。


スポンサードリンク



このカテゴリの新着
カテゴリ【思考型パズル

『Picture Enigmas』へのコメント

  1. 名前:名無しのゲーマー : 投稿日:2014/11/24(月) ID:Y2MjA4Njg

    カラーは初めてだけど面白いな
    PICMA SQUAREDはややこしくて楽しめなかったけど

コメント

関連記事

サブコンテンツ

PR

PR

このページの先頭へ